脱毛最新情報

医療レーザー脱毛なら痛みと通う期間のバランスが良い

永久脱毛を目指すためには、医療レーザー脱毛と脱毛サロンによる光脱毛の2種類から選択することになります。一見すると似ているように見えますが、医療レーザー脱毛が支持されている理由はどこにあるのでしょうか。

医療脱毛なら最短5回の施術で永久脱毛出来る

医療クリニックに永久脱毛を依頼すると、最短5回のレーザー脱毛でほとんどの毛母細胞にダメージを与えられるので短期間で肌がつるつるになります。

最大3年間掛けなければならない脱毛サロンとは異なり、医療レーザー脱毛ならばあくまでも医療行為として行うので効果が明白に認められるわけです。

レーザー脱毛はメラニン色素に反応して毛母細胞に強いダメージを与えるので、生まれつきメラニン色素が薄い人は医療レーザー脱毛でなければ効果が薄くなりがちです。

医療レーザー脱毛で使われるレーザー脱毛器は、出力するレーザー光を微調整出来る範囲が強いので、医師の指示により最適な出力で施術を受けられるからこそ短期間で永久脱毛出来ます。

医療レーザー脱毛の痛みが気になるなら医師に相談してみよう

医療レーザー脱毛は痛いというイメージを持つ人が多いですが、確かに一定の痛みが伴うことは確かです。

しかし、人により痛みの強さはメラニン色素の量と痛みに対する感受性により変わるので、一概に痛みを数値化することは出来ません。

どうしても痛みが気になるならば、医療クリニックで受けているメリットとして、皮膚表面に麻酔を掛けることが出来ると知っておくと良いでしょう。

最初の診察時に医師に対して麻酔を希望するなら、痛みを抑えつつ医療レーザー脱毛を受けられます。

いざ肌トラブルになってもその場で医師が対処してくれる安心感

医療レーザー脱毛による施術を受けた際に、レーザー脱毛器により火傷が発生することがあります。

脱毛サロンでは医療行為が出来ないので提携しているクリニックへ駆け込む必要がありますが、医療脱毛ならその場に待機している医師によりすぐに処置を行えるので、炎症を最小限に抑えることが可能です。

肌トラブルは初期対応の早さが重要なため、その場で処置出来る点は大きいでしょう。

脱毛クリニックお探しなら→【全身脱毛】5分でわかる!脱毛に通う期間や料金~初めての医療脱毛.jp