黒ずみについて考える

30代の女性で鼻の黒ずみで悩んでいる時に実践すべき2つの対策

10代や20代の頃は皮脂の分泌量が多くなっているので洗顔をし過ぎていても皮脂をしっかり洗い落としていけば綺麗な肌を保ち続けていく事が出来ます。

しかし30代になると皮脂の分泌量が減ってきてしまうので、洗顔をし過ぎていると肌に保湿に必要な皮脂まで洗い落としてしまい乾燥してきてしまいます。

肌が乾燥してくると水分不足を防ぐために、皮脂が過剰に分泌するようになってしまうので毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

特に鼻は毛穴が多くて詰まりやすいので、酸化して黒ずみになってしまう事も多いです。鼻に黒ずみが出来るといちごのように見えてしまうのでいちご鼻とも呼ばれています。

特に30代の女性は鼻の黒ずみで悩んでいる人も多いですが、どのように対策していけばいいのか見ていく事にしましょう。

洗顔は1日1~2回にして肌に優しい洗顔料を使用する

30代になると皮脂の分泌量が低下してしまうので、洗顔を1日に3回以上してしまうと肌の保湿に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。

それで鼻に黒ずみが出来てしまう事が多いのでまず洗顔を1日1~2回にします。30代の時は朝起きた時と入浴している時に洗顔しておけば綺麗な肌を保ち続けていく事が出来ます。

また肌の保湿に必要な皮脂も残す事が出来るので皮脂の過剰分泌を防ぐ事が出来て鼻に出来た黒ずみも解消する事が出来ます。

また洗顔する時に洗浄力が強い洗顔料を使用してしまうと1日1~2回の洗顔でも肌の保湿に必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があります。それで鼻に黒ずみが出来てしまう事もあるので肌に優しい洗顔料を使用しましょう。

洗顔した後に必ず保湿クリームを塗る

洗顔した後は肌が乾燥しやすい状態になりやすいのですぐに保湿させる事が大切になってきます。保湿クリームを黒ずみが出来やすい鼻を中心に指の腹の部分を使用して保湿成分が浸透していくように塗ると効果的です。

しかし保湿クリームを塗り過ぎてしまうと肌がベタベタになって不衛生な状態になってしまうので適量を塗るようにしましょう。

毎日洗顔をした後に保湿クリームを塗る習慣をつけておくと肌が乾燥しにくくなっていくので鼻の黒ずみも解消されていきます。

30代の女性で鼻に黒ずむが出来てしまい悩んでいる人はすぐにこの2つの対策を実践してみましょう。毎日この2つの対策を実践していく事で鼻に出来た黒ずみを解消していけるので綺麗な鼻にしていく事が出来ます。

鼻が綺麗になると周囲の人と対面してコミニケーションを取る時も気にしないで出来るようになります。

黒ずみに効くクリーム厳選【https://kubiibobuster.net/kurozumi/