現金化業者の選び方

クレジットカードの現金化を利用するなら決済サービス対応で!

現金化 決済サービス
クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、クレジットカードの会員規約において違反行為となってしまいます。違反が発覚した際は、クレジットカードの利用停止や強制解約、一括返済処置といった重いペナルティを受けることとなります。

さらに利用停止や強制解約の情報は、個人信用情報機関に登録され、他のクレジットカードやカードローン、その他キャッシング契約にも影響してしまい、最悪の場合は与信状況の悪化と判断され、全ての契約が解除され、一括返済を要求されてしまうリスクを伴います。

そのため、どうしてもキャッシング契約の審査を待てないという場合には、クレジットカードショッピング枠の現金化がスピーディーになるものの、現金化方法には注意が必要です。

そもそも、クレジットカードの利用状況は、システム上で管理されており、決済情報に不審な情報が無いかチェックがされています。また、高額商品の決済ともなると、電話確認が必要になるケースがあります。

そのため、商品購入・買取型の現金化サービスはシステムでのチェックに触れてしまう可能性が高いため、利用を避ける必要があります。

また、金券の大量購入もしくは短期間かつ高頻度での購入も監視対象となっているため、転売はリスクが高くなってしまいます。金券の場合、それ自体が現金と同等の価値があるだけでなく、高い買取額になってしまうため、監視されているのが実態です。

そのため、やむを得ずクレジットカード現金化を利用する場合は、決済サービスを利用した現金化がベストになります。決済サービスは、インターネット上の様々なサービスでの支払に対応しており、ショップが運営するECサイトでも利用されています。

また、出会い系サイトなどのポイント購入決済も決済サービスが利用されているため、取引情報からは商品購入のための決済、情報サービスの決済と見えるため、一時的な利用で怪しまれるというリスクは軽減可能です。

ただし、使用し過ぎは監視が強化されるリスクが高いため、同じ決済サービスは利用しない、非常時にしか利用しないなどの対応がポイントです。