すぐに出来るむくみ解消

足のむくみの解消は、冷やさない、溜め込まない、適度な運動

むくみ解消の運動
足のむくみを解消するためには、まず冷やさないことです。冷えは血流を悪くし、足に溜まった血液や水分が循環しにくくなり、足のむくみにつながります。

夏場のエアコンは、部屋の下部を冷やすので、思った以上に足の冷えにつながります。デスクワークの仕事の方は、冷風が直接足に当たらないようにするなどの工夫することも、足のむくみの解消に効果があります。

寒い冬は常に足先から冷えてきますので、厚めの靴下やストール、ストッキングなどに工夫が必要となります。

同様に老廃物を溜め込まないことです。血流やリンパ液の流れを阻害するような姿勢、生活習慣は避けます。

特に同じ姿勢による血行不良での足のむくみを解消するためには、足先やふくらはぎを、座ったままでの状態でも、常に動かすように意識することです。そのためにも、十分な水分を取って、老廃物を常に排出できる状態にしておきます。

足のむくみ対策には適度な運動も重要です。特にふくらはぎの筋肉を強化することで、ふくらはぎの筋肉のポンプ機能が強化され、足に降りた血液を、心臓に戻してくれる働きをしますので、足にたまる水分が減り、足のむくみが解消されます。

ジムなどで筋肉トレーニングをする必要はありません。普段の生活の中で積極的に歩くことや、エレベーターを使わずに階段を使うなど、少しのことでふくらはぎの筋肉は強くなります。

その際、足の筋肉をしっかり使って歩くことが大切です。爪先立ちを繰り返す運動や、軽いランニングも効果があります。

ただ高齢者や女性、痩せた方など筋肉の弱い方の場合むくみ解消効果は低くなります。よって、足を適度に締め付けてくれる弾性ストッキングの使用もおすすめです。

時々足を動かしたり、足のふくらはぎをマッサージしたりして足の血液を心臓に戻すようにします。また 食事においては、塩分の摂取を控えめにするために、薄味になれることや、カップ麺などのインスタント食品は控えるなどの工夫も必要です。