脱毛最新情報

脱毛期間中の方必見!リゼクリニック推奨の術後お肌ケアの方法

その脱毛料金の安さや、アフターケアの充実ぶりから、今注目されているリゼクリニックは、脱毛に関するあらゆる情報を発信しています。たとえば脱毛後のお肌のケア。

これって意外と知られていないのではないでしょうか。

「肌トラブルを回避したい」
「脱毛後のケアの方法を知りたい」

そんな方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、リゼクリニックが紹介する術後のお肌のケア、お手入れの方法をご紹介したいと思います。

たとえリゼクリニックで脱毛するのでなくとも、この方法は参考になると思いますよ。

リゼクリニック推奨の術後お肌ケア

レーザー脱毛は、毛に熱を伝えて毛母細胞を焼くというものです。そのため、その熱が周囲のお肌に影響し、ほてりやピリピリ感を伴う軽度の炎症が発生する可能性があります。

そんなときにお風呂につかって体を温めたりすると、症状が長引いてしまう恐れがあるそうです。ですから、脱毛をした当日は、湯船につかることはせず、シャワーのみにしてください。

もしかすると、脱毛をしたあと、ほてりやピリピリ感が続くかもしれません。その場合には冷水や濡れタオルで脱毛箇所を冷やすとよいそうです。それでも症状が良くならなければ、病院に相談されたほうがいいと思います。

リゼクリニックなら、脱毛による炎症の診断や薬の処方は無料となっていますので、安心して利用できますね。

【リゼ関連サイト情報】リゼクリニックの脱毛詳細

日焼けに注意しましょう!

脱毛治療期間中は、日焼けに十分に注意してください。たとえばリゼクリニックの全身脱毛5回コースに入会したら、その5回目の施術後しばらく経つまで、なるべく日焼けをしないように注意するということです。

レーザー脱毛の光線は毛のメラニン色素に反応し、そこに熱を生じさせます、一方、日焼けで肌の色が黒くなるのはメラニン色素の働きによるものです。

肌が日焼けした状態で脱毛レーザーを浴びると、メラニン色素が表出した日焼けした肌に直接に熱が生じてしまう可能性があります。

また、脱毛後の肌は敏感になっていますので、わずかな紫外線でも極端に日焼けしてしまい、それがシミになったりする危険性があるとのことです。注意したほうがいいですね。

しっかり保湿

脱毛後の肌はダメージを受けており、水分量も減少していますから、普段以上に念入りな保湿が必要となります。リゼクリニックによれば、保湿に高価な化粧品を使用する必要はないとのこと。

いつも使っている市販の化粧水、保湿クリームなどを、脱毛した箇所にしっかりと丹念に塗りこむようにすればOKだそうです。

リゼクリニックでは軟膏を処方している

脱毛をした箇所は2~3日、赤らんだりピリピリとしたりします。それはしっかりと保湿を行い、刺激を加えないよう注意していれば収まるそうですが、ときにはなかなか赤みやピリピリ感が引かないことがあるそうです。

そんなときには炎症止めの軟膏を塗るのがいちばんで、リゼクリニックではこの薬を無料で処方しているとのことです。

脱毛サロンではこのような対応をしてもらえることはないので、嬉しいですよね。こういうところを見ると、やっぱり脱毛はクリニックにお願いしたほうがいいのかなあと思います。

毛抜きは使用しないこと!

脱毛をすると毛がすぐにきれいさっぱりなくなるかというと、そんなことはありません。脱毛レーザーを照射した箇所の毛は2、3週間して、自然に抜け落ちるんですね。

もしかすると、若干の打ち漏れなどで残った毛が伸びてきて、気になってしまうかもしれませんが、毛抜きを使用するのは厳禁です。それは肌への悪影響があるのはもちろんのこと、毛を根元から引き抜いてしまうと、次回脱毛をした際に、その効果が十分に得られない可能性があるからです。

どうしてもムダ毛が気になる場合は、電動カミソリなどで剃るのがベストとのことです。

以上、リゼクリニックの術後のお肌ケアについてご紹介いたしました。